日々もけもけ

Doblog閉鎖に伴いこちらに・・・ それでも日々はもけもけです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

その女子は。


とあるところで、「お局さん?」という記事がありまして、思うところがあったのでちょっくら。

どうやら同じ会社の女子(10歳ほど年長)が近況メールをぽつぽつくれるが、自分には好きな人もいるので何気なくそれを踏まえてメールをしたところ、また近況メールが届いた、という。かいつまんで言うとこんなところなのだろうと思います。

10歳ほど年長の彼女はいったい彼にナニを求めているのかなあ?というのがポイントですよね。
いろいろ考えられることはあるのですが、

・彼女の近況メールはほかのいろんな人にも渡っているのかも
・返事をくれたのは彼だけだったのかも
・異性として求めているのか
・友達として求めているのか

などなど。

彼女自身を見たことがないので、なんとも言いようがないですがもしかしたらこの人とは気が合うかもしれないと思って近況メールをしているのかもしれません。
まあそれかガッツリ「このコタイプやわー」みたいに思っているのかもしれませんけど。
彼が困っているのだったらきっちり「迷惑です」といえばいいのですが、どうやら仕事上の付き合いもあるようなので無碍にするのもなんだよなというので。

私はそれならば近況メールには近況メールを返し続けるがいいと思うんですよね。
それか、その近況メールを受けて「大変そうですね、がんばってください」とか短いメールにするとか。
なんだったら彼女についての心配事(たとえばもうすぐ彼女の誕生日なんですよーorクリスマスなんですよー、なにあげたらいいでしょうねー)のようなことも相談というか書き付けちゃう。
僕には彼女がいるんですよ、というのを常に文中でアピールしておく。どっかに入れる。
毎日雨が続いていやですね、でも彼女は雨がキライじゃないみたいで、こういう時にかさをさしてデートするのは楽しいもんですよね、みたいに。
でも肝心なプライベートについては触れないことです。
自分のプライベートもきっちり一線を引いて、世間話以上の近況は入れない。

もしくは何でもかんでもメールの端々に仕事上の質問を入れちゃうかですね(笑)。
そういえばあの件ってどうなってるんでしたっけ?とか。もう唐突でも何でも入れちゃう。

最後の手段は「メールに気づかなかった」「忙しくて返信できませんでした」で白を切る。


ただ、最後の手段はたまにやるならいいですが、仕事上の付き合いのある人にそれはどーなのよ?という部分もあるので、お勧めはしません。
あくまで仕事上の付き合いの年長のお友達、という程度に考えておけばいいんじゃないでしょうかね。

それで、万が一実際に彼女から告白やらナニやらをされたらそのとき考えればいいんじゃないかなーと。


ってまとまってませんね(笑)。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。